シミ消しクリームと皮膚科!どっちでシミを消したほうがいいの?

顔や腕にできた気になるシミ。なんとか消そうとシミ消しクリームを使ってはいるものの、なかなか治らない。

そのように悩んでいる方はいませんか?

シミ消しクリームは使い続けないと効果があらわれず、少しずつシミが消えていきます。

しかし、あまり目立った効果があらわれないと、継続意欲もなくなってしまいますよね。

「皮膚科に行ってきちんと相談したほうがいいのかな?」と考える人もいるでしょう。

そこで、今回はシミ消しクリームで消した方がよい人と、皮膚科に相談するべき人はどんな人なのかお伝えしたいと思います。

シミ消しクリームで消したほうが良い人と皮膚科へ行った方が良い人

顔や腕にできたシミによって、シミ消しクリームで消せるものもあれば消せないものもあります。

シミ消しクリームで消せるシミと消せないシミをお伝えしますので、消せない場合は皮膚科に相談してみましょう。

シミ消しクリームで消せるシミはこの4種類!

シミ消しクリームで消せるのは以下の4種類です。

シミ 特徴
老人性色素斑 老人性色素斑は褐色から黒色の1cm前後のシミです。

太陽の紫外線によってできるこのシミは、歳をとるごとにできやすくなります。

 

炎症性色素沈着 炎症性色素沈着とは、その名のとおり肌の炎症によるシミです。

ニキビや虫刺され、やけど、湿疹など炎症が起きた場所に発症します。

肝斑 肝斑は、妊娠やピルなどの避妊薬の服用をきっかけにできることがあるシミで、女性に多くできます。

肝斑の大きな特徴は左右対称にほぼ同じ形、大きさであらわれるので目立ってしまいます。

雀卵斑(ソバカス) 顔や背中などにできる小さい褐色のシミです。遺伝だけでなく太陽の紫外線でも発生します。

これらのシミではあれば、シミ消しクリームに含まれている成分によって、シミ消しを行うことができますよ。

 

シミ消しクリームで消さないシミ

シミケシでも消せないシミは以下の2種類になります。

シミ 特徴
脂漏性角化症 顔や全身どこにでもできるいぼのひとつです。

太陽を多く浴びているとできることが多く、シミ消しクリームでは治すことができません。

花弁状色素斑 強い日焼けを起こした後に肩から背中にできるシミです。色白で日焼けをすると赤くなるタイプの人に多く見られます。

この2つのシミはシミ消しクリームでは消すことができないので、皮膚科による治療が必要になります。

自分のシミをチェック!消せるならシミ消しクリームを使おう!

シミ消しクリームを使っても、「脂漏性角化症」や「花弁状色素斑」の場合いくら塗り続けてもシミが消えることはありません。

ですから、まずは自分のシミの特徴を確認し、どのシミができたのか理解しておきましょう。

消せるシミであればシミ消しクリームを使い、消せないシミであれば美容皮膚科に行くのがおすすめです。

シミ消しクリームを使う方は、シミ消し効果の高いクリームを使うことで気になるシミをしっかりと消すことができますよ。

チェックしたら消せないシミだった!そんな方は美容皮膚科でシミ消しを

自分にできたシミがシミ消しクリームで消せないものだったときは、皮膚科にシミ消しの相談を行いましょう。

皮膚科のレーザー治療について

レーザー光線をシミ部分に当てて、色素がついている細胞を破壊していきます。

その後、皮膚の内部で行われる清掃作用によって徐々にキレイになっていきます。

レーザーの種類 効果的なシミ
YAGレーザー 老人性色素斑、そばかす、脂漏性角化症に効果があります。
Qスイッチルビーレーザー 周囲組織へのダメージを最小にし、シミの細胞にダメージを耐えるレーザーです。

老人性色素斑、雀卵斑、脂漏性角化症に効果があります。

フォトRF パルスライトとRFを組み合わせた新しい美容治療方法で、お肌にダメージを与えることなくシミを取り除くことができます。
フォトフェイシャル IPLという光によるフォトフェイシャルは、シミやニキビ跡などの色素沈着を治療することができます。
レーザートレーニング 非常に弱いパワーレーザーを照射して、肌に負担をかけずに少しずつシミを治療していきます。

とくに肝斑に効果があります。

炭酸ガスレーザー 炭酸ガスレーザーは照射しても、深部組織や周辺の正常な皮膚にダメージを与えることなく、シミを治療することができます。

脂漏性角化症等のイボ、さらに盛り上がりのあるシミの除去に効果的です。

これら6つのレーザー治療があり、シミの種類によって適切な治療を行ってシミを除去します。

皮膚科の塗り薬は2種類が処方される

シミ治療で処方される塗り薬はハイドロキノンとトレチノインの2つが処方されます。

ハイドロキノン メラニンの生成を抑え、できてしまったメラニンの色を薄くする
トレチノイン 肌のターンオーバーを促進させる

体内でつくられたメラニンをトレチノインでどんどん肌の表面に押し上げ、ハイドロキノンでシミの色を薄くしていきます。

皮膚科の料金について

皮膚科でレーザーを受ける場合、大体以下の料金がとられます。

レーザーの種類 料金
YAGレーザー 30,000円~
Qスイッチルビーレーザー 10,000円~
フォトRF 10,000円~
フォトフェイシャル 15,000円~
レーザートレーニング 35,000円~
炭酸ガスレーザー 15,000円~

また、皮膚科では2つのクリームが処方されますが、病院によって料金が異なっているようです。

ハイドロキノン(量/税込価格) トレチノイン(量/税込価格)
病院A 5g/2,600円 5g/2,200円
病院B 5g/2,000円 5g/6,000円
病院C 5g/1,000円 20g/13,000円
病院D 5g/3,000円 8g/3,600円

中にはオリジナルで製造しているシミ消しクリームを処方している皮膚科や美容クリニックもありました。

ちなみに、どこの皮膚科もシミ消しクリームは保険が適用されないようです。診察料も含めると、結構な料金がかかってしまいます。

皮膚科へ行く前に!ビーグレン「QuSomeホワイトクリーム1.9」をご存知ですか?

「シミ消しクリームでは私のシミを消せないのかな」あきらめている方はいませんか?

ビーグレンのシミ消しクリームなら、あなたを悩ませるシミを消せる可能性が十分にあります。

あきらめて皮膚科へ行く前に一度チェックしてみてください。

QuSomeホワイトクリーム1.9はハイドロキノン配合のシミ消しに効果的なクリーム

QuSomeホワイトクリーム1.9にはハイドロキノンという成分が含まれています。

ハイドロキノンとは、肌の漂白剤と呼ばれるほどシミの原因を改善する美白成分です。

美白成分には様々なものがあり、ビタミンCやプラセンタなどが有名ですよね。ハイドロキノンはなんとそれらの成分の10倍~100倍の美白効果があります!

そのため、他のシミ消しクリームでは消せなかったシミでも「QuSomeホワイトクリーム1.9」ならしっかりと消すことができますよ。

ハイドロキノンのデメリットを解消するQuSome

ハイドロキノンは美白効果が高い分、「肌に負担がかかる」「浸透しづらい」「酸化しやすい」という3つの大きなデメリットが有るんです。

しかし、QuSomeホワイトクリーム1.9は「QuSome(キューソーム)」という独自の技術によってそれらデメリットを解消しています。

ビーグレンの浸透テクノロジーQuSomeを使用したハイドロキノンは、「QuSome化ハイドロキノン」と呼ばれ、ハイドロキノンの粒子を肌バリアに近い成分のカプセルで覆っています。

肌にしっかりと浸透し、蓄積してしまったシミを奥深くからキレイにすることができるんです。

シミ消し効果がさらにパワーアップしたQuSomeホワイトクリーム1.9

QuSomeホワイトクリーム1.9は従来の製品でもシミ消しに絶大な効果を持っていましたが、2017年6月に新たに美容成分が加わっています。

成分 効果
オリゴペプチド-34 メラニンの発生を抑制したり、炎症も一緒に抑制することで、シミ・くすみ・肌荒れを防止する作用が期待できます。
ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸 新型ビタミンC誘導体とも呼ばれている成分です。

メラニンが肌の表皮に現れるのを抑制し、シミの発生を予防することができます。

これらの成分が加わったことで、シミ消し効果だけでなくシミ予防も行うことができるようになりました。

シミ消しを皮膚科で行うと、費用がたくさんとられてしまいます。

「シミ消しクリームじゃどうせ消えないから・・・」とあきらめずに最後の砦として

QuSomeホワイトクリーム1.9を試してみませんか?

他のシミ消しクリームで治らなかった、シミでもQuSomeホワイトクリーム1.9なら解消することができますよ。

まとめ

皮膚科ではレーザー治療と塗り薬によってシミ消しを行うことができます。

しかし、料金がとても高いのがネックですね。

シミ消しクリームでは「老人性色素斑」「炎症性色素沈着」「肝斑」「雀卵斑(ソバカス)」の4種類のシミであれば消すことができます。

もし、これらのシミをいま使っているシミ消しクリームで消せない、と困っている方は

今回紹介したQuSomeホワイトクリーム1.9をお使いください。

ハイドロキノンをさらに強化した、QuSome化ハイドロキノンがあなたを悩ませるシミをキレイにしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です