シミ消しクリームは薬局で購入可能?シミを消すにはどんな商品を使うべき?

薬局でシミ消しクリームが売られているか気になっている方であれば、同時に薬局のシミ消しクリームは本当に効果があるのか疑問を抱いてしまっている方もいるかもしれません。

シミができるとついファンデーションを厚塗りにしてしまったり、外出する時にはどうにかして隠せないものかと必死になってしまうものですよね。

そんな時、シミ消しクリームでシミを消したり予防したりすることができたとしたら、とても役立つことでしょう。

ここではそんなシミ消しクリームが薬局で販売されているのか、またはどんなシミ消しクリームを使うべきなのかについてお伝えしていきます。

シミはなぜできる?その原因と対策方法

それではまず、シミができる原因と対策方法から見ていきましょう。

シミの原因と対策方法を知れば、あなたが選ぶべきシミ消しクリームはどれなのか自然と絞りやすくすることができますよ。

シミができてしまう原因

シミができる原因として主に考えられるのが、メラニンの増加です。

メラニンは肌が紫外線や摩擦などからダメージを受けることで作り出されます。

そしてこのメラニンは肌が新しく生まれ変わるターンオーバーの乱れによって必要以上に増え、最終的にはシミになってしまうのです。

そのため一日中紫外線を浴び続けたり、化粧落としやお肌のスキンケアを劣っているとシミができやすくなるので注意しなければいけません。

シミを予防するためにはこうしたことに気を付けていかなければいけないということですね。

シミを改善するための対策方法

「肌にできてしまったシミを改善する方法はないのだろうか?」

そう疑問が生まれた時に活躍するのが”シミ消しクリーム”です。

たくさんの美白成分が配合されたシミ消しクリームでは、頑固に定着したシミ肌を美白肌へと変えていくことができますよ。

その中でもハイドロキノンという美白成分が配合されたシミ消しクリームは特におすすめです。

なぜならハイドロキノンは美白成分の中でも効果の高さが優れていているからです。

ちなみにハイドロキノンには、次のような働きがありますよ。

  • メラニンの色素が黒くなるチロシナーゼの働きを抑制する
  • メラノサイトに働きかけてメラニンを減らす
  • 体内にできたメラニンを元に戻す

こうした見ただけでも効果の高さが分かるように、ハイドロキノンはいま注目の成分なのでみなさんもぜひハイドロキノンが配合されたシミ消しクリームを使ってみてくださいね。

薬局でシミ消しクリームは購入できる?シミに効く商品の選び方とは

ここからは薬局でシミ消しクリームを購入することはできるのか、またはシミ消しクリームを選ぶ時のポイントについてご説明していきます。

より効果的なシミ消しクリームを選び、シミのない美白肌を目指していきましょう。

シミ消しクリームは薬局で購入可能

シミ消しクリームは薬局で購入することができます。

そのため自宅の近くにあるドラッグストアなどで気軽に入手することが可能ですよ。

しかし種類が多ければ多いほど、どれを選べばいいのか迷ってしまいそうですよね。

そこで以下では、シミ消しクリームの選び方をほんの少しだけお伝えしておきますね。

シミに有効な成分がきちんと配合されているかをチェック

どのシミ消しクリームを使うべきなのか悩んでしまった時は、シミに有効な成分が配合されているかどうかをチェックしてみましょう。

先ほどもご紹介したハイドロキノンやビタミンCには、お肌にできてしまったシミを消すサポートをする働きがありますよ。

ですから使用を継続していくと少しずつシミが薄くなり、シミを目立たなくすることができます。

シミを予防するシミ消しクリームというのは探してみると結構あるものですが、できてしまったシミを消したい場合には効果を発揮してくれません。

シミを無くしてキレイな肌を目指したい方は、上記のような成分が配合されたシミ消しクリームを選んでみましょう。

続けやすい価格かどうかも考慮して選ぶ

やはりシミ消しクリームを使うなら、成分だけでなく価格も大事になってきます。

成分や効果が優れていても、価格が高いと続けるのが困難になってしまうこともきっとあるのではないでしょうか。

それにシミ消しクリームを使ったからといって、すぐに肌への効果が現れるとも限りません。

ですので自分の金銭状況に負担がかからないシミ消しクリームかどうかというのを考慮しながら選択してみてくださいね。

薬局で入手できるシミ消しクリーム3選!

最後に、薬局で入手することができるおすすめのシミ消しクリームを3つご紹介していきます。

どれも薬局に行けば購入できる商品なので、気になる方は薬局へ足を向けてみてください。

ロート製薬 オバジ プライトニングセラム

内容量 10g
価格 9,720円(税込)
シミ有効成分 ハイドロキノン

ロート製薬から販売されているオバジ プライトニングセラムには、冒頭でもご説明した美白効果の高いハイドロキノンが配合されています。

また、その他にも就寝している間に肌の傷を癒してくれるミクロコッカス溶解液や、ジオウ根エキスなどが一緒に配合されていますよ。

普段から外で活動をすることが多く、紫外線を浴びる機会が多い方にはぜひ使ってみてほしい商品です。

ロート製薬 白潤 美白クリーム

内容量 50g
価格
シミ有効成分 ビタミンCリン酸Mg

アルプチン

こちらも同じくロート製薬から販売されている商品です。

そしてシミに有効な成分には、アルプチンやビタミンCリン酸Mgが配合されていますよ。

アルプチンにはメラニンの生成を促すチロシナーゼを分解する働きがあり、シミの原因ともなるメラニンの増加を抑えてくれます。

そしてビタミンCリン酸Mgはメラニンを体外へ排出し、シミを薄くしていく効果が期待できますよ。

シミの予防効果とシミ消しの効果をWで得られるというのはとても嬉しいですよね。

白潤 美白クリームはシミができてしまうのを予防したい方や、シミを減らしていきたい方の両方におすすめできるシミ消しクリームです。

小林製薬 ケシミンクリーム

内容量 30g
価格 1,944円円(税込)
シミ有効成分 L-アスコルビン酸 2-グルコシド

ケシミンクリームには、L-アスコルビン酸 2-グルコシド(ビタミンC誘導体)が配合されています。

即効性はあまり期待できないものの、続けていけば効果を発揮してくれることでしょう。

また、他のシミ消しクリームと比べても価格が安いので続けやすさも問題なしです。

さらにケシミンクリームではシミだけでなく、肌に残ってしまったニキビ跡にも効果を発揮するので、そういった悩みを抱えている方にもおすすめですよ。

まとめ

薬局で販売されているシミ消しクリームは効果があるのかどうか気になっていた方もいるかもしれませんが、シミに有効な成分が配合された商品はいくつもありました。

また、同じシミ消しクリームでも配合成分や価格が異なることが分かりましたね。

自分に合ったシミ消しクリームを使い、理想の美白肌を手に入れてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です