市販のシミ消しクリームは効かない?本当に効果があるシミ消しクリームとは?

「シミを無くしたいから市販のシミ消しクリームでも買ってみようかな。」

そう思われている方も多いのではないでしょうか。

市販のものだったら簡単に手に入るし、手頃な値段で購入できると思いますよね。

しかし、もしもそれで効果が現れなかったら、ただのお金の無駄になってしまいます。

そこで効果が高いおすすめのシミ消しクリームをこれからご紹介していきますね。

なぜ市販のシミ消しクリームではいけないのかというのも含めて解説していきます。

市販のシミ消しクリームは本当に効く?

市販のシミ消しクリームは主に、ドラッグストアなどで販売されています。

しかし、本当に効くのか疑問に思われたことはありませんか?

市販のシミ消しクリームにはどんな特徴があるのか見てみましょう。

市販のシミ消しクリームでは効果を期待できない

市販のシミ消しクリームはどちらかというと、シミを消すというよりもシミを予防することに適したものが多くあります。

シミ・ソバカスを防ぐなどと書いている美白化粧品がこれに当てはまります。

そのためシミができてしまうのを防ぎたい方には合っているかもしれませんが、逆にシミを消したい方にはあまりおすすめできません。

もしもシミを消したいのであれば、市販以外のシミ消しクリームを使ってみた方が良いでしょう。

それで効果が現れたとしたら、効かない市販のシミ消しクリームを使い続けていくよりもずっと安くコストを抑えることができますよ。

シミ消しクリームは専門性が高いものを使うと効果的

シミ消しクリームを使うなら、専門性が高いものを使うと効果的です。

なぜなら専門性が高いシミ消しクリームには、次のような特徴があるからです。

  • 配合成分が市販のシミ消しクリームとは大きく違う
  • 専門性が高いから安心して使うことができる
  • 場合によっては返金保証が付いていることもある

まず市販のシミ消しクリームと比べると大きな違いとして分かるのが、配合成分ではないでしょうか。

市販のシミ消しクリームはシミに効く成分が少ないものが多い印象を受けます。

しかし専門性が高いシミ消しクリームには、シミに効果的な成分が豊富に含まれていますよ。

また、専門性が高ければ安心して使えるというメリットもあります。

専門性が高いシミ消しクリームの中には返金保証が付いているものもあるので、そこも市販で購入するシミ消しクリームとは違う良い点となっていますよ。

返金保証が付いていれば、例え自分の肌に合わなかったとしても返金してもらえる可能性があるので不安な気持ちを取り除くことができることでしょう。

このように、専門性の高いシミ消しクリームにはたくさんのメリットがありますよ。

シミ消しクリームの正しい選び方

ではここで、「シミ消しクリームをどうやって選べばいいのか分からない。」という方のために選び方をご紹介していきますね。

シミ消しクリームは以下のようなことに注意をして選んでみましょう。

美白成分が多く配合されているシミ消しクリームを選ぶ

シミ消しクリームを選ぶ時にはなるべく美白成分が多いものを選びましょう。

ちなみにシミへ効果的な美白成分は、

  • ビタミンC誘導体
  • ハイドロキノン
  • アルプチン
  • トラネキサム酸

などがあります。

成分表にこのような成分がきちんと表記されているかどうかも確認してみてくださいね。

続けやすい価格かどうかも大事なポイント

シミ消しクリームは使ったらすぐに効果を発揮するわけではありません。

短くても1ヶ月~3ヶ月は効果が現れるまで様子を見る必要があります。

そのためシミ消しクリームを購入する時には、負担がかかりにくく続けやすい価格のものを選んでみましょう。

敏感肌の人は注意!自分の肌に合うかどうかをチェック

美白成分はシミを消すためにサポートしてくれますが、敏感肌の方は注意が必要です。

なぜなら含有している成分で肌が乾燥してしまったり、強い刺激を受けてしまう場合があるからです。

もしも心配であればシミ消しクリームを使用する前に、パッチテストを行ってみるのも良いかもしれませんね。

人気のおすすめシミ消しクリーム3選

ここからはわたしがおすすめしたいシミ消しクリームを3つご紹介していきます。

どのシミ消しクリームを使おうか迷っている方はぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト(ディセンシア)

内容量 30g
価格 5,400円
成分 ビタミンC誘導体

ヴァイタサイクルヴェール®

グリチルリチン酸2K

たくさんの雑誌に掲載され、話題を集めているサエル ホワイトニングクリーム クリアリスト(ディセンシア)。

そんなサエルはディセンシアの独自技術とポーラR&Mの研究力によって生み出されました。

サエルを使うと美白になる理由には、ホワイトサイクルシステムがあります。

それが敏感肌のケア・シミのケア・乾燥が原因で起こるくすみのケアです。

さまざまな視点から肌にアプローチをかけ、美白へと導いてくれますよ。

また、美容成分として配合されているローズとローズマリーが心地良い香りに包んでくれます。

とても人気があるシミ消しクリームなので、あなたもぜひ使ってみてくださいね。

 Qusomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)

内容量 15g
価格 6,480円
成分 ビタミンC誘導体

Qusomeハイドロキノン

βホワイト

シミ消しのサポート役として優秀なQusomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)。

Qusomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)にはハイドロキノンという成分が配合されています。

ハイドロキノンにはメラニンの働きを抑えつつ、シミになってしまった部分の本来の色素を取り戻す効果がありますよ。

しかし、ハイドロキノンには肌への効果が高い分、刺激が強いというデメリットがありました。

ですがQusomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)は肌に適した濃度に調整されているので、刺激によるダメージを心配せずに使っていくことができますよ。

低刺激に抑えられているため、安全にハイドロキノンの効果を実感していくことができます。

アスタリフトホワイト クリーム〈美白クリーム〉(富士フィルム)

内容量 30g
価格 5,400円
成分 アルブチン

グリチルリチン酸ジカリウム

コラーゲン・トリペプチドF

写真で有名な富士フィルムから販売されているのがアスタリフトホワイト クリーム〈美白クリーム〉(富士フィルム)です。

アスタリフトは販売元がカメラのメーカーであるだけに、写真映えするキレイな肌を手に入れられるようにとサポートをしてくれるのが特徴です。

また、アスタリフトには豊富な美白成分が配合されています。

ナノAMAやアルプチンなどが、メラニンによってシミができてしまうのを予防してくれますよ。

シミ消しクリームの中でも人気が高い商品ですが、こちらはシミを消したいというよりもシミを予防することに効果を発揮するシミ消しクリームとなっています。

まとめ

今回は市販のシミ消しクリームの特徴や、おすすめのシミ消しクリームなどについてお伝えしてきました。

市販のシミ消しクリームがダメというわけではありませんが、市販のものだとシミを消すというよりもシミを予防することに効果が偏ってしまいがちです。

そのためシミを消したいと願っている方は、市販のものではないシミ消しクリームも視野に入れてみてくださいね。

シミ消しクリームを使えばきっと、化粧をしなくても外出して歩けるような美しいお肌を手に入れることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です